本文へ移動

TOPICS

TOPICS

【新入荷】コスタリカとブルンジのコーヒーが入荷しました!
2019-11-07
コーヒー豆の入荷情報です!!
お勧めのコーヒー豆が入荷いたしました。
ぜひ、お試しください!
【NEW】ブルンジ カフェルージュ
ブルンジは東アフリカの内陸にある、四国の1.5倍ほどの小さい国です。
国土のほとんどは1200m以上の高地で平坦な土地はタンガニーカ湖沿いの一部に限られています。
ブルンジの主な産業は農業であり、特にアラビカ種のコーヒーを生産しており全人口の約半分がコーヒー産業に携わっています。
コーヒーの栽培は、1930年代に当時統治していたベルギーがブルボン種を持ち込んだことから始まりました。
90年近く経つ今も変わらずブルボン種を栽培しています。

毎日飲んでも飲み疲れしないそんなブルンジコーヒーをゆったりとお楽しみください。

シロップのような甘みと滑らかな舌触り、きれいな酸味が全体の香味を整えています。
甘み★★★★ 
香り★★★★ 
コク★★★ 
酸味★★★ 
苦み★★

標高:1500~1800m
品種:レッドブルボン
精製:ウォッシュド

▼アロマビーンズショップ販売ページはこちら▼
【ブルンジ カフェルージュ】
https://www.enjoy-coffee.com/SHOP/st-316.html
【NEW】コスタリカ ラスラハス ブラックハニー
コスタリカのコーヒー生産は200年以上続いており、
コスタリカの経済発展はコーヒー生産のよってもたらさせたといっても過言ではありません。
従来は農協または規模の大きな農園によるコーヒー生産が主体でしたが、2000年頃よりマイクロミルと呼ばれる
小規模生産者が独自に小さな水洗処理設備を持ち
独自の品質の高いコーヒーを生産いる方式又は品質志向の中規模農園が品質の高いコーヒーを生産する流れが
スペシャルティコーヒー産業の世界的発展に伴って出てまいりました。

ラスハラスは80年前に創設され、現在では3代目になります。
自宅は農園内にあり一日中コーヒーと共に生活しているので家族のように大切に育てられています。
地理的特徴として農園とマイクロミルはハルバ火山とポアス火山の谷間に位置し、甘味の詰まったチェリーが育つ恵まれた環境にあります。
収穫中チェリーの糖度を測定している事で、ベストなタイミングで収穫を行うことを大切にしています。
ゆっくりと乾燥させることで味わいが濃縮されクリーンに仕上がります。
時間をかけて乾燥させる事で糖分が発達し、コーヒーに甘味と豊な味わいをもたらします。

■ハニー製法のブラックハニーとは?
収穫後、果肉を剥きその時に残る粘液質のもの(ミューシレージと言います)を90%残した状態で乾燥をさせます。
作業や管理が大変繊細であり長い時間乾燥をさせる必要がありますが、際立った甘味と果実感のコーヒーができあがります。
コスタリカはハニー製法の先進国でもあります。

甘味が詰まったベリー系の甘酸っぱい果実感と芳醇な香り
甘み★★★★★ 
香り★★★★ 
コク★★★ 
酸味★★★★ 
苦み★★★

地域:コスタリカ セントラルバレー アラフエラ サバニージャ地区
標高:1300~1600m
精製:ハニー製法(ブラックハニー)

▼アロマビーンズショップ販売ページはこちら▼
https://www.enjoy-coffee.com/SHOP/st-315.html
【オススメ】エチオピア ゲイシャ ゲレザ
グレード1(G1)に負けずとも劣らない風味を持つグジ ゲレナ農園のゲイシャG3

エチオピア グジに位置するゲレナ農園にてゲイシャ種のみを指定して作り上げた
G3のナチュラル製法のコーヒーです。
「ゲレナ」とは、この農園で運よく見ることができる別名、アビシニアコロブスというサルが由来です。

完熟チェリーのみを使用する事にこだわり、品質を安定させています。
農園の設立は2014年と比較的新しいですが
RFA/UTZ認証やJAS認証の取得にも励んでいます。

当商品は、少しリーズナブルにご提供が可能なゲイシャ コーヒー。ぜひ一度お試しください! 

安らぎのある香り、華やかさとコクのボティ感、洗練された極上の旨み
甘み★★★★★ 
酸味★★★★ 
香り★★★★ 
苦味★★ 
コク★★★
原産国:エチオピア
地域:グジ ゲレナ農園
品種:ゲイシャ
規格:G3 標高:1350~1600m
精製方法:ナチュラル

▼アロマビーンズショップの販売ページはこちら▼
https://www.enjoy-coffee.com/SHOP/special-geisha2019a.html
TOPへ戻る